スマートグリッド

ITを用いて、需要側及び供給側の両方から電力の流れを制御し、最適化できる送電網のことです。次世代送電網ともいわれています。電力計(スマートメーター)を家庭や工場に設置し、それらに電線や通信回線経由の通信機能を持たせることで、リアルタイムで電力使用量を把握できるようになります。それらの情報を基に、発電量や蓄電量、使用量をコントロールすることで、省エネやピークカット・ピークシフトといったデマンドコントロールを行い、賢い電力の使い方が可能になります。

ページ上部へ戻る