GLOSSARTY用語集

空調システム

くうちょうしすてむ

解説:

空調システムの分類方法は色々あるが、配置上から分類すると、中央式(セントラル式)と分散式(個別パッケージ式)となる。その基本システムは熱源設備、空調機設備、熱搬送設備からなるが、分散式では熱源設備と空調機設備が一体化している。

・熱源設備:空調機設備全体の熱負荷を処理するための設備で、冷凍機とボイラーの熱源機を主体とし、冷却塔、冷却水ポンプ、給水設備、配管などの付属設備からなる。冷凍機で作られた冷水(標準温度:7℃)は、空調機設備に送られる。

・空調機設備:空調対象空間に送るために温湿度を調整した空気を作る設備で、空気の冷却器・減湿器・加熱器・エアフィルタ及び送風機を一体のケーシングに納めたもの。
・熱搬送設備:熱源設備と空調機設備の間で冷温水、蒸気、冷媒などを搬送・循環させるためのポンプ-配管系と、空調機設備と空調対象空間との間で空気を循環させ、あるいは外気を取り入れるための送風機-ダクト系をいう。

空調システムを、空調空間に熱を搬送する熱媒体の種類によって分類すると、全空気方式、水-空気方式、冷媒方式となる。
・全空気方式:空調空間に熱を搬送する媒体が空気のみの場合で、風量については、定風量で温度を変えて対応する定風量(CAV)方式と、送風温度を一定にしたままで風量を変えて対応する変風量(VAV)方式がある。

・水-空気方式(ダクト併用ファンコイルユニット方式):熱搬送媒体として水と空気を併用するもの。水は室内の窓際に設置したファンコイルユニットに中央式で作られた冷・温水を送る方式。

・冷媒方式:分散配置のパッケージ型空調機の空気冷却器に、冷凍機(ヒートポンプ式)からの液冷媒を直接送って空調空気を冷却・減湿し、また暖房時には(液冷媒を切り替えて)高圧ガス冷媒を送って加熱する方式である。この方式は家庭用のエアコンや独立設置型パッケージエアコンや、1台の冷凍機で多数の天井吹き出し口等に冷媒を直接送って空調制御するいわゆる”ビルマルチ”と呼ばれる空調システムは、この方式を採っている。

出展:省エネルギーセンター「省エネルギー用語集」

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9時~18時(土日祝を除く)