GLOSSARTY用語集

負荷率

ふかりつ

解説:

ある期間の平均電力がその期間の最大需用電力の何パーセントにあたるかを示す指標である。

負荷率が低いということは、平均需用電力に対して最大需用電力が大きいことを示す。これを電気料金面からみると、契約電力を高めに設定したことに相当し、基本料金が高くなる。

一方、設備面からみると、最大需用電力相当の設備容量が設置されたことに相当し、設備投資費が割高となるうえ、機器を低負荷で運転することによる運転効率低下が重なり、更なる電力の損失増加をきたすことになる。

出展:省エネルギーセンター「省エネルギー用語集」、平成23年度版環境白書、自然エネルギー白書2011

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9時~18時(土日祝を除く)