工場

factory_top

エスコは、工場施設におけるエネルギー設備・機器の構成・消費特性や省エネニーズを把握することにより、全国で5,000ヶ所以上の省エネ・コスト削減化を支援してまいりました。工場は、生産品目や稼動状況などから施設の設備は大きく異なりますが、一般的に生産設備が施設におけるエネルギー消費の約50%を占めます。省エネの取り組みにおいて、まずは工場で各設備にどの程度のエネルギーを使用しているかを細かく調査することが重要です。設備のエネルギー使用量の把握、データ解析や設備の運用状況などの診断を行うことで運用改善や機器の更新を行うことによりエネルギーコストの削減を実現することができます。具体的には、空調機の高効率化、デマンド監視、水銀灯や蛍光灯のLEDへの交換、コンプレッサーの台数制御、排気ファンのインバータ制御などが効果的です。

エスコでは、省エネ診断、省エネ補助金を活用した空調や照明の設備更新は極めて有効な手段であり、新電力への切り替え、キュービクル(高圧受変電設備)保安点検のコスト低減、屋上等を利用した太陽光発電導入による自家消費型の省エネ化、小規模工場の場合には電子ブレーカー導入による電気基本料金の大幅な削減策等をお薦めしています。

工場向け 製品・サービス

調査診断

調達改善

運用改善

設備改善

お問い合わせ・各種資料請求

多数製品・サービスをご提供しております。詳しくは弊社まで、お気軽にお問合せください。footer_inquiry
無料診断も行っております。

製品・サービスについて
お問い合わせはこちら

0120-60-9444

9時~18時(土日祝を除く)

お問い合わせ

多数製品・サービスをご提供しております。
お気軽にお問合せください。

製品・サービスについて
お問い合わせはこちら
0120-60-9444

9時~18時(土日祝を除く)

工場 導入事例

No.061|にしき食品 様
宮城県の補助金(省エネルギー・コスト削減実践支援事業)を活用し、食品工場の照明をLED化。電気代は年間約195万円の削減予定。

蛍光灯ランプ交換時の高天井、食品生産設備の養生など煩わしい手間が今後は軽減!補助金提案が導入の決め手。 新工場の建設から4年経っており、蛍光灯も切れ始めてきていました。天井がかなり高い場所もあり蛍光灯を交換する際は電気工
コメントなし

No.060|にしき食品 様
発電した電力を自社で使用する「自家消費型」太陽光発電を設置!費用の3分の1が補助金対象に。環境企業としてのアピールもできておすすめ。

設置費用の3分の1が補助金対象! 長期使用への不安も丁寧かつ的確な説明で払拭 銀行から融資を受ける条件として、工場の省エネに関する実施目標があり、良い省エネ商材を探していたところに、エスコさんから提案を受けました。 発電
コメントなし

No.050|大村紙業 様
国内メーカーにこだわらず発電能力の高いパネルを選定。納得の発電結果に。メンテナンス・保安点検も重視。設計・施工からエスコにすべてお任せ。

固定価格買い取り制度の話を聞き、売電にメリットありと判断。 庄和流通センターの電気代は年間3千万円を超えており、何とか削減ができないかと思案していました。当初は自家発電した電力で電気代をまかなう方向で考えていました。そん
コメントなし

No.034|サンフードジャパン 様
点検料月額平均15%カット。24時間監視システム等サービスは格段に向上!保安点検依頼先乗り換えの意識は当初ゼロ。比較検討後認識を新たに。

水の削減でエスコさんをご紹介いただいたのがきっかけ。 我が社は主に豆腐や油揚げを作る食品工場なのですが、水をたくさん使うこともあり当初は上下水道料金のコスト削減について検討していました。関連会社のいなげやさんからエスコさ
コメントなし
ページ上部へ戻る