スーパーマーケット・コンビニエンスストア

market_top

エスコは、スーパー・コンビニエンスストアをはじめとする商業施設におけるエネルギー設備・機器の構成・消費特性や省エネニーズを把握することにより、全国で1,600ヶ所以上の省エネ・省コスト化を支援してまいりました。
スーパーマーケットのエネルギー消費が最も高い設備機器は、冷凍・冷蔵ショーケースや冷蔵庫などの設備であり、全体の約50%を占めており、その次に照明、空調、給湯の順にエネルギーが多く使用されています。店舗においては、お客様が不便を感じないよう慎重に設備の選定を進める必要があります。
コンビニエンスストアは、食料品の占める売上構成比の割合は90%を超えており、空調、照明、冷凍・冷蔵・ショーケースなどの省エネ・対象設備とその電力使用量も多いため、適切な節電対策を行うことで大きなコスト削減効果が見込めます。
スーパーマーケット、コンビニエンスストアともに全国的に競争激化とともにスクラップ&ビルドが激しく、新設やリニューアル時の省エネ投資が活発化しており、省エネタイプの高効率設備機器の導入によりエネルギー消費量を低減させる動向が顕著になっています。

エスコでは、省エネ診断、省エネ補助金を活用した空調や照明、冷凍・冷蔵庫の設備更新、新電力への切り替え、キュービクル(高圧受変電設備)保安点検のコスト低減、コンビニエンスストアには電子ブレーカー導入による電気基本料金の大幅な削減策等をお薦めしています。当社は全国のスーパーマーケットをはじめとして、大手コンビニチェーン800店舗への電子ブレーカーの導入実績があります。

スーパーマーケット・コンビニエンスストア向け 商品・サービス

調査診断

調達改善

運用改善

設備改善

保守管理

お問い合わせ・各種資料請求

多数製品・サービスをご提供しております。詳しくは弊社まで、お気軽にお問合せください。footer_inquiry
無料診断も行っております。

商材・サービスについて
お問い合わせはこちら

0120-60-9444

9時~18時(土日祝を除く)

お問い合わせ

多数製品・サービスをご提供しております。
お気軽にお問合せください。

商材・サービスについて
お問い合わせはこちら
0120-60-9444

9時~18時(土日祝を除く)

スーパーマーケット・コンビニエンスストア 導入事例

ozam18_14

No.027|オザムバリュー川越天沼店 様
スーパー店内にLED導入。費用の1/2弱を補助金で・・・

導入費用の1/2弱を助成金で。 これを機に元々考えていたLEDの導入に着手。 元々LEDの導入を考えていたと
ozam1

No.010|スーパーオザム 様
店舗状況に合わせた運用マニュアルで無理なく節電。「見える化」・・・

15%削減のノルマ対策にデマンド監視システムの導入を検討。 2011年の震災の影響により、同夏に電力使用制限
ページ上部へ戻る