電子ブレーカー+急速充電器

  1. mitsubisi04
    詳細はこちら
  2. tottori05
    詳細はこちら

    No.051|鳥取市 様
    市営施設内急速充電器に電子ブレーカーを併設。年間約50万円基本料金削減見込み。エスコ独自の特許技術導入を皮切りに省エネ・省コスト事業を推進

    急速充電器のランニングコストは高額。ディーラーも打開策を知らず。省エネに対する取り組みの一環として「市営片原駐車場」「道の駅神話の里白うさぎ」「道の駅清流茶屋かわはら」に急速充電器計3台を導入していたのですが、電気基本料金(ランニングコスト)が高額なのが悩みの種でした。

  3. autolook04
    詳細はこちら

    No.028|日産部品埼玉販売 様、オートルック 様
    電子ブレーカーの併設で、低圧電力のまま急速充電器を設置。キュービクル設置に必要な工事費250万円相当が不要に。ランニングコストも共に削減。

    急速充電器を設置すると高圧電力に契約変更が必要に。キュービクルの設置工事は250万円相当。導入に踏みきれない大きな要因に。当社(日産部品埼玉販売株式会社)では、電気自動車用の急速充電器設置を自動車整備工場を持つお客様に推進しており、有限会社オートルックさんでも検討をしていただいておりました。

ページ上部へ戻る