GLOSSARY用語集

グリーン電力

ぐりーんでんりょく

解説:

グリーン電力とは、太陽光、風力、バイオマス、水力、地熱など自然環境にある資源から創り出す再生可能エネルギーを用いて発電された電力のことです。

地球温暖化への対策として、二酸化炭素の排出を抑えた発電が重要視されています。グリーン電力は、石炭や石油など地球上の資源を枯渇させず、発電に使う資源が再生可能なもののため、環境負荷が小さいという特徴があります。

グリーン電力は、電気として使えるのはもちろん、省エネとしての効果もあります。そこでグリーン電力は「グリーン電力証書」として価値化されています。

電気の使用者側からすると、グリーン電力証書を購入すれば電力供給を受けながら自主的な二酸化炭素の削減に取り組めます。
一方発電事業者は、売電収入に加えて環境付加価値の提供による収入が得られます。

さらに国がCO2排出削減価値を認証する「グリーンエネルギーCO2削減相当量認証制度」が始まっています。
認証を受けると地球温暖化対策推進法に基づいてCO2排出削減価値を算定・報告・公表制度する場合に「国内認証排出削減量」として活用可能です。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

2021年8月10日(火)~8月13日(金)はお電話での受付はお休みです