GLOSSARY用語集

サステナビリティ

さすてなびりてぃ

解説:

サステナビリティ、(持続可能性:Sustainability)とは、「地球環境」「社会」「経済活動」の観点においてビジネスが将来的に継続できるようにする考え方のことです。

2015年のパリ協定以後、SDGs(持続可能な開発目標)が注目され、ESG投資も増えてきています。そのため、サステナビリティはCSRだけでなく企業の経営にも取り入れていく必要があります。

サステナビリティが必要となった背景は、企業を取り巻く制約条件が変化してきたためです。

人類が利便性を求めエネルギーを必要とするなかで地球温暖化や化石燃料といった自然の劣化防止などの環境問題が起きています。従来のようにビジネス上の利益だけを求めて価値を提供する方法では、将来的に事業が成り立ちません。

そこで環境に配慮したシステムやビジネスを創出し、新たな企業優位性を見出すサステナビリティ経営が主流となりつつあるのです。

なお、サステナビリティ経営を行っている企業を支援する融資や債券の発行なども活発になってきています。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです