GLOSSARY用語集

スライド制

すらいどせい

解説:

スライド制とは、一般的なガスの料金形態である二部料金制において、単価を一定の使用量に応じて段階的に切り替えるスライド制を採用している場合があります。どの範囲で段階を切り替えるかや、それぞれの単価をいくらにするのかは各ガス会社で異なります。

二部料金制(スライド制)の例
1ヶ月のガス使用量 基本料金(円/件・月) 単位料金(円/m3~)
0m3~20m3 759 145
20m3~80m3 1,056.00 130
80m3~200m3 1,232.00 128
200m3~500m3 1,892.00 124
500m3~800m3 6,292.00 116.16
800m3~ 12,452.00 108.46

従量料金の単位料金は、使用量が多いほど低い傾向があります。また、料金がスライドする範囲や単価は、自分にあったガス会社を選ぶ際に注目できるポイントのひとつです。

なお、スライド制に近い料金形態として最低責任使用量制度があります。
  • 最低責任使用量制度(ブロック料金):一定の使用量まで固定料金、一定量の使用を超えた場合に従量単価料金を適用
この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

2021年8月10日(火)~8月13日(金)はお電話での受付はお休みです