GLOSSARY用語集

デシカント空調

でしかんとくうちょう

解説:

「空調」という言葉には、「温度や湿度を整える」といった意味があります。デシカント空調はこの温度と湿度を切り分け、それぞれ別に調整する空調システムのことをいいます。

一般的な冷凍機や、水を用いて行う従来型の空調システムの場合、「高くなった温度を下げるために、一度空気を冷やした後、再び温める」というかたちが使われていました。
このようなやり方ではエネルギーに無駄が出る……という考え方のもとで生まれたのが、「デシカント空調」です。

デシカント空調は、除湿ローターが組み込まれています。この除湿ローターによって、空気中の水分(湿度)を直接コントロール・除去します。このためエネルギーが無駄になりにくいのです。

また、外気温の変化とも折り合いがつけられやすく、室内の温度をよくコントロールします。
デシカント空調は、カビなどの発生を抑えることができるうえ、湿度をコントロールする作用によって冷房設定温度がある程度高くても快適に過ごせるというメリットがあります。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く