GLOSSARY用語集

ハイブリッド空調

はいぶりっどくうちょう

解説:

ハイブリッド空調とは、「スマートマルチ」とも呼ばれるものです。また、「ハイブリッド個別空調」ともよばれます。

これは、ガス空調(GHP/ガスヒートポンプ、ガスヒーポン)と電気空調(EHP/エレクトリックヒートポンプ、電気ヒートポンプ)を同一冷媒系統で組み合わせたものであり、またこれをセットにしたものです。2つの特徴を持つこの空調で、室外機をコントロールします。

ハイブリッド空調を導入することで、電気料金を大幅にカットできます。

東京ガスでは、ハイブリッド空調にすることで、電気空調に比べて65パーセント程度のランニングコストを実現できるとしています。また、効率のよい運転でエネルギーの使用量自体を削減することも可能としています。

もう1つのメリットとして、「エネルギー料金の変動リスクを低くすることができる」という点も挙げられます。

費用面でのメリットが大きいハイブリッド空調は、注目すべきシステムだといえるでしょう。
出典:東京ガス「ハイブリッド空調(スマートマルチ)」
https://eee.tokyo-gas.co.jp/product/hybridac/index.html

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです