ヒートポンプ

水を低い所から高い所に押し上げるポンプのような原理で低温側から高温側に熱を移動させる仕組み。低い温度の熱源から冷媒(熱を運ぶための媒体)を介して、熱を吸収することによって高い温度の熱源をさらに高くする機器で暖房・給湯等に使用される。また、 低温側の熱源に着目すれば、熱を奪われてさらに低温になるので、冷凍・冷房にも使用される。

平成24年度版環境白書、自然エネルギー白書2012

ページ上部へ戻る