GLOSSARY用語集

主任技術者

しゅにんぎじゅつしゃ

解説:

主任技術者とは、工事現場などで活躍する技術者のことで、保安や管理を担う仕事をいいます。この「主任技術者」という言葉は広い業種で使われており、建築現場などでもこの主任技術者が活躍します。

なお、電気の業界において「主任技術者」といった場合は、そのほとんどが「電気主任技術者」を指します。ここでもこれ以降は特筆しない限りは、主任技術者=電気主任技術者と考えてください。

電気主任技術者は、第一種から第三主まであります。第一種はすべての事業用電気工作物を、第二種は17万ボルト未満の事業用電気工作物を、第三種は5マンボルト未満の電気工作物を扱える……となっています。

なお試験に関しては、第一種と第二種は一次試験と二次試験があります。合格率はそれぞれの試験でかなり異なりますが、第三種は10パーセント前後、第二種は20パーセント前後、第一種に至っては5パーセント前後となっています。またこれは相当に知識がある人が受けての合格率ですから、主任技術者試験はかなり狭き門だといえます。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く