GLOSSARY用語集

保安管理業務

ほあんかんりぎょうむ

解説:

「保安管理業務」は、主に電気の業界で使われる言葉です。保安管理業務は、非常に簡潔に言うのであれば、「安全に保つための管理を行う業務である」といえます。

保安管理業務は、主に「点検」から成り立っています。

点検の頻度は設備や状況によって異なりますが、基本的には、「月次点検(げつじてんけん)」「年次点検(ねんじてんけん)」「臨時点検(りんじてんけん)」の3つで成り立っています。

電気関係は、一度事故を起こしてしまうとその影響が非常に大きくなることも多いため、この「点検作業」によって事前に事故を防ぐ取り組みを重要視しているのです。

また保安管理業務においては、「万が一のことが起きたときの対応」も求められます。事故のときには、保安管理業務を担う人間が出勤をし、事態の解決と収集に努めます。この「事故対応」は、365日24時間体制で行われています。

現在は外部に委託する制度もできています。電気保安法人のなかには、電気設備のコンサルティングなどを行うとしているところもあります。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです