GLOSSARY用語集

働き方改革助成金

はたらきかたかいかくじょせいきん

解説:

働き方改革助成金とは、「働き方改革関連法」に基づき厚生労働省が実施する「働き方改革推進支援助成金」のことです。

長時間労働を改善するために、生産性を高めながら労働時間が縮減させる施策を行う中小企業や小規模事業者、グループ企業を支援する事業主団体に対して費用が助成されます。

働き方改革の取り組み内容に応じて、複数の「コース」が設けられているのも特徴です。

働き方改革推進支援助成金の種類
  • 労働時間短縮・年休促進支援コース:生産性向上、労働時間の縮減、年次有給休暇取得の促進に向けた環境整備への助成
  • 勤務間インターバル導入コース:勤務終了後に適切な休息時間を設けることで、働く方の「生活時間や睡眠時間の確保」「健康保持」「過重労働の防止」を図る施策への助成
  • 職場意識改善特例コース:新型コロナウイルス感染症対策として、特別休暇の規定を新設し、従業員が安心して休める環境を整備する施策への助成
  • 団体推進コース:中小企業事業主団体等が、労働条件の改善を目的として時間外労働の削減や賃金引上げに向けて行った施策への助成
  • テレワークコース:新型コロナ感染症対策としてテレワークを新規導入する施策への助成
この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

2021年8月10日(火)~8月13日(金)はお電話での受付はお休みです