GLOSSARY用語集

全熱交換器

ぜんねつこうかんき

解説:

全熱交換器は、換気システムのうちのひとつです。広く使われている形式である全熱交換器について解説します。

全熱交換器とは、文字通り、すべての温度と湿度を交換することになる換気システムです。

外の空気と内側の空気を交換する仕組みをとるため、室内の温度が上昇・下降しにくく、バランスを取り入れやすいのが特徴です。また、冬は室内の湿気を室内に戻すように働きますが、夏は外の湿気を室内に入れない……という特徴があります。

梅雨などの湿気が多い状況では除湿をすることができ、湿度が低い冬においては乾燥軽減に役立つのが全熱交換器の大きなメリットだといえるでしょう。そのため、湿度の高いところに向いています。また、室内の温度を一定に保つことが得意であるため、一年を通して変わらない室温・湿度で過ごしたいと考える場合にも向いているでしょう。

ただ、全熱交換器は「におい」についてはやや弱いといったデメリットも持ちます。湿気とともににおいを戻してしまうため、においの問題がやや起きやすい換気システムだといえます。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く