GLOSSARY用語集

内蔵型ショーケース

ないぞうがたしょーけーす

解説:

「内蔵型ショーケース」は、一般的に、「冷凍機内蔵型ショーケース」と呼ばれます。ここでもこの名称を使っていきましょう。

冷凍機内蔵型ショーケースは私たちが日常の生活で非常によく目にするものです。スーパーなどに足を運んだとき、冷えた飲み物が置かれているショーケースをみることになるでしょう。冷凍機内蔵型ショーケースはそのようなものです。

冷凍機内蔵型ショーケースは、比較的小さな大きさであることが多く、ケースの中に冷凍機が組み込まれています。そのためコンセントに電源プラグをつなぐだけで簡単に利用することができます。

移動も楽ですし排水設備も必要ありませんから、移動型の出店などにもよく使われます。デパートなどで、期間限定の催し物(チョコレート売り場など)に冷凍機内蔵型ショーケースが使われている姿を目にしたことのある人もいるでしょう。

ただデメリットとして、「機械音や熱が出ること」が挙げられます。また収容量もそれほど多くはありません。側板で仕切られるため、連続感のある売り場を作るのも苦手です。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです