GLOSSARY用語集

地下水

ちかすい

解説:

地下水とは、地中の土砂や岩石の隙間部分に貯まった水のことです。

地下水は地球上の水分として循環しています。
  • 地下水→河川や海へ流れこむ→水蒸気→雲→雨→地下水
地下水の種類
  • 鉱泉水:自然に湧き出している地下水で、水温が25℃未満
  • 鉱水:自然に湧き出しておらずポンプなどで汲みだした地下水
  • 温泉水:自然に湧き出している地下水で、水温が25℃以上
  • 湧水:崖の下や谷間など自然に湧き出ている地下水
  • 浅井戸水(自由地下水):地上から水が汲みだせるまで穴を掘り下げて取り出す地下水
  • 深井戸水(被圧地下水:ひあつちかすい):浅井戸水の層を通過してさらに穴を掘り下げて取り出す地下水

地下水は、それぞれに含まれているミネラル分などに応じてさらに細かくわけられています。
また気候の変動を受けにくく、年間を通じて水量、水質、水温がほぼ一定です。地中の深部にある地下水は、酸素をほとんど含まないため「金属が腐食しにくい」「物質を溶かし込みにくい」という性質があります。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く