GLOSSARY用語集

地球温暖化

ちきゅうおんだんか

解説:

地球温暖化とは、過去と比較して地球の温度が上昇してきている現象のことです。

地球温暖化の原因は、地球を取り囲む二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素などの温室効果ガスの増えすぎです。電気などのエネルギーを材料には石油や石炭が多く使用されるため、電気を作るほどより二酸化炭素が多く発生するのです。

国連下部組織のIPCCが気候変動に関する調査をまとめた「IPCC第5次評価報告書」によると、陸と海をあわせて求めた世界平均地上気温は、1880年から2012年の132年間に0.85℃上昇したことがわかっています。

地球の平均気温が上昇すると「干ばつ」「南極や北極の氷が溶ける」「海水面の上昇により一部の島が水没」「自然災害」「伝染病」などの問題が考えられます。気温が約4℃上昇した場合、現在地球上にいる動植物の40~70%が絶滅の危機に陥るとされています。

地球温暖化をできるだけ食い止めるには、温室効果ガスの削減が重要です。植林をして二酸化炭素の消費量を増やすほかエアコンや冷蔵庫、照明器具などを省エネタイプにすることも有効です。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く