GLOSSARY用語集

契約容量

けいやくようりょう

解説:

契約容量とは契約アンペアとも言い、各家庭や事業所が同時に使える電気の最大容量のことです。
契約アンペアは、多くの場合ブレーカーの容量によって決まります。また、ピーク電力に基づいて契約アンペアを決定するスマート契約を採用できる場合もあります。

自分が契約している電気の契約容量は、「電気使用量のお知らせ(検針票)」「アンペアブレーカーの表示」の2か所で確認できます。

ブレーカーのメインスイッチにあたるアンペアブレーカーには色があり、色で契約容量を知ることも可能です。
  • 赤:10A
  • 桃:15A
  • 黄:20A
  • 緑:30A
  • 灰:40A
  • 茶色:50A
  • 紫:60A

契約容量が高ければ電気の基本料金は高くなり、低ければ基本料金は低くなります。しかし、電気料金は基本料金に使った量に応じた金額が加算されます。

電気の使用状況によっては契約容量を下げても節約にあまり貢献しない可能性があるため、事前のシミュレーションが重要です。また集合住宅で契約容量を変更したい場合は、所有者や管理人の承諾が必要となる場合があります。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く