GLOSSARY用語集

契約種別

けいやくしゅべつ

解説:

契約種別とは、電気の契約プランのことです。2016年に電気事業法が改正され、電気を使いたい人が電力会社や料金プランを自由に選べるようになりました。

これに伴い各電力会社ではさまざまなプランを提供しています。
  • 時間帯別料金など、ライフスタイルに合わせた料金プランの選択
  • 電気の地産地消
  • 再生エネルギーを中心とした発電による電気の購入
  • 省エネ診断、電気とガスのセット割などの新しいサービス
東京電力の場合は、「従量電灯B・C」のほか以下のような特徴のある契約種別も提供しています。
  • おトクなナイト8(時間帯別電灯[夜間8時間型])
  • 電化上手(季節別時間帯別電灯)
  • ピークシフトプラン(ピーク抑制型季節別時間帯別電灯)
資源エネルギー庁の調査によると、電力小売全面自由化以後に実際に契約を見直した人は2017年時点で10.6%です。また、新電力に切り替えた人の満足度が比較的高い傾向があります。
  • 大手電力会社内で料金プランを切り替えた人の満足度:31.4%
  • 新電力に電力契約先の切り替えた人の満足度:64.2%
この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く