GLOSSARY用語集

従量料金

じゅうりょうりょうきん

解説:

従量料金、ガスを使用する際に必ず必要となる料金のことです。従量料金は、ガス原料費や容器配送費などを含んでおり、ガスの使用量に応じて一定額を負担します。

月々のガス料金は以下の計算式で求められます。

  • ガス料金=基本料金+従量料金
  • 従量料金=従量料金単価×1カ月のガス使用量±原材料調整額(原料費調整単価×1カ月のガス使用量)
原材料調整額のもとになる原料費調整単価は、原料費調整制度に基づいて毎月調整されています。
•原料費調整制度:液化天然ガス(LNG)・液化石油ガス(LPG)それぞれの3ヶ月間の貿易統計価格を平均して毎月の平均原料価格を算定する制度
従量料金単価は段階的に設定されている場合があります。
料金表 1ヶ月のガスご使用量 単位料金(円/m3)
(基準単位料金) 20年10月検針分 20年11月検針分 20年12月検針分
A表 0m3から20m3まで 145.31 135.06 129.8 125.26
B表 20m3をこえ80m3まで 130.46 120.21 114.95 110.41
C表 80m3をこえ200m3まで 128.26 118.01 112.75 108.21

※引用:東京ガス|ガス料金表 東京地区等一般契約料金(2020年11月)

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く