GLOSSARY用語集

持続化給付金

じぞくかきゅうふきん

解説:

「持続化給付金」は、何度もテレビなどで取り上げられた言葉ですから多くの人にとって聞きなじみのある言葉でしょう。新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延を受けて危機的状況に陥った事業者を助け、その継続を支えるために実施された制度です。 中小法人の場合は200万円をこえない範囲での補助を受けることができます。ただしこれは、“直前の事業年度の年間事業収入から、対象月の月間事業収入に12を乗じて得た金額を差し引いた金額―引用:持続化給付金「持続化給付金」https://www.jizokuka-kyufu.jp/index2.html”で求められます。

事業の継続を考える人にとって、これは大きな救いとなったことでしょう。 なおここで紹介しているのは2020年の8月31日以前に申請が完了したケースです。それ以降の場合は、また別の助成金の対象となります。

ちなみにこの持続化給付金を狙って詐欺行為が横行したという嘆かわしい現実もあります。ただ彼らが見過ごされることはなく、詐欺を働いた人間が逮捕をされたという報道もよくなされるようになりました。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです