GLOSSARY用語集

波力発電

はりょくはつでん

解説:

「波力発電」は、風力発電や太陽光発電に比べると聞きなじみのないものでしょう。波力発電は、「波」を使って行う発電です。波は運動エネルギーを持っていますが、これを使って電力を得ます。

波力発電には、
  • 振動水柱型
  • ジャイロ式
  • 可動物体型
  • 越波型
の4つに大別されています。

ただしこのなかで、現在実用に耐えうると考えられているのは、唯一「振動水柱型」だけです。これは、ブイの電源などとして使われているものです。波のエネルギーを受けることでタービン発電機内のタービンを回し、電力を得ます。

波力発電は、尽きることのない「波」をエネルギーにするため、枯れることがありません。そのため無尽蔵にそのエネルギーを得ることができます。このため、発電は非常に安定します。また、実は面積あたりの発電効率が非常に優れているとされており、その効率は太陽光発電の20倍以上にも上ります。また、波力発電が広まることで、造船業界などが活性化されると考えられています。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです