GLOSSARY用語集

洋上風力発電

ようじょうふうりょくはつでん

解説:

風力発電には、さまざまな種類があります。「洋上風力発電」もまたそのうちのひとつです。

洋上風力発電は、ごく簡単にいえば、「海の上に作られた風力発電設備及びそこから得られる電力・発電」を指す言葉です。海洋上に置かれた風車に風を受けることで風車を回して発電し、電気を得る試みのことをいいます。

洋上風力発電は、イギリスなどで広く使われてきました。ヨーロッパ県内において風力発電供給率の2位にイギリスがランクインしており、このランクインの理由として、1996年から積極的に導入している洋上風力発電の存在があるといわれています。

洋上風力発電は、海の上に建てるため、万が一事故などが起きても人的被害が起きるリスクを抑えられます。また、陸上に置かれた風力発電装置に比べて風を受けやすいというメリットもあります。そのうえ、海の上は置く場所にも困りません。

このようなことを考えれば、洋上風力発電の未来は明るく、今後も導入が進んでいくであろうことが期待されています。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く