GLOSSARY用語集

浄化槽法

じょうかそうほう

解説:

「浄化槽法」とは、浄化槽に関する法律です。

微生物の働きを借りて汚い水をきれいにすることが浄化槽法の役目ですが、この「浄化槽法」は私たちの家にも供えられています。たとえば、トイレがその代表例です。

しかし現在は、
  • トイレ
  • 浴室
  • 台所
  • 洗濯
などで出たすべての生活排水を複合的に処理することのできる浄化槽法を設置するように義務付けられています。このような浄化槽法にまつわる規制を行うのが、浄化槽法だと考えてください。「使う側」だけでなく、製造販売する側に対しても取り決めがあります。

また浄化槽法には、「環境に配慮し、排水を公共用水域などに流すことを規制する」「浄化槽法を使う人間は、省令に基づき、浄化槽がきちんと動くようにしなければならない」などのような基本概念があります。

浄化槽法は、野放図に汚水を放流することを禁止し、衛生と安全と環境を守るために作られた法律です。なお浄化槽法の歴史は意外と新しく、昭和58年から施行された法律です。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

2021年8月10日(火)~8月13日(金)はお電話での受付はお休みです