GLOSSARY用語集

灯油

とうゆ

解説:

灯油は原油から約145~270℃で分留される石油製品です。引火点は40℃以上であり、常温では引火の危険が少なく、取り扱いやすい特徴があります。ただし、空気中で霧状に浮遊している場合は引火の恐れがあるため注意が必要です。

灯油の種類
  • 1号:一般家庭、灯火、厨房用
  • 2号:石油発動機の動力用、溶剤、機械洗浄用
灯油を取り扱う際の注意点
  • ガソリンなど別の石油製品と一緒にしない
  • 換気に努め灯油の蒸気の発生に注意する
  • 直射日光を避け冷暗所に保存する
  • 変色やにおいの変化がある場合にはストーブ等の燃料に使用しない

灯油は「特別管理産業廃棄物」であり一般ごみのように気軽に処分できません。廃棄する場合、少量であれば新聞紙など可燃ごみに吸わせたりファンヒーターなどで使いきったりするのが理想です。大量の場合には、ガソリンスタンド等に有償で引き取りを依頼しましょう。どうしても残った灯油は、ファンヒーターなどの灯油缶に入れて冷暗所で管理します。長くとも1年以内に使い切るのが理想です。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く