GLOSSARY用語集

燃料調整費

ねんりょうひちょうせいひ

解説:

燃料調整費とは、燃料価格の変動にあわせて電気料金を調整するために必要な費用のことです。

電気料金の一部である電力量料金は一部に燃料調整費が含まれています。
  • 電力量料金=(電力量料金単価×電力使用料)±(燃料費調整単価×電力使用料)

化石燃料は主に輸入に頼っており、燃料の価格や為替レートの変動により価格が大きく推移します。そのため原油・液化天然ガス・石炭の価格は、貿易統計価格をベースに毎月平均燃料価格が算出されています。

燃料調整費は、3カ月分の貿易統計価格を元に2カ月後の電気料金に反映しています。平均燃料価格(実績)は毎月変わるため、燃料調整費も毎月増減する傾向があります。

例えば、家庭などで使われる低圧供給の場合、燃料費調整額は以下のようになります。
2020年11月分:-4.64円/kWh
2020年10月分との差:-0.46円/kWh
電気代に対する影響は、平均モデルでみると数百円程度です。
2020年11月分:6,463円
2020年10月分:6,583円
2020年10月分との差:-120円
この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く