GLOSSARY用語集

矩計図

かなばかりず、くけいず

解説:

「矩計図」という漢字をみて、すぐに読み方が分かる人はそれほど多くはないでしょう。これは「かなばかりず」あるいは「くけいず」と読みます。

ごく簡単に言うのであれば、「建物の断面図」となりますが、もう少し詳しく解説していきましょう。

建物をみるときの図面として、「平面図」や「断面図」があります。「矩計図」とは、「建物を垂直に切ったときに、それぞれの階の高さや基礎の高さ、また建物自体の高さなどを表した図面」のことをいいます。一般的に、20分の1~50分の1の縮尺で描かれるのが基本です。

上記の説明からもわかるように、かなり細かく記された断面図となるため、「詳細断面図」の呼び方をとられることもあります。

それぞれの高さなどを把握することができるため、家造りの現場などで、現場監督や職人にとって欠かせない図面ともいえます。

ちなみに専門家の場合、この矩形図を見るだけで、住宅性能がわかるといわれています。なぜなら矩形図には、使用されている材料やその厚さなどが記されているからです。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです