GLOSSARY用語集

蒸気ボイラ

ぼうきぼいら

解説:

蒸気ボイラは、「蒸気ボイラー」とも呼ばれます(ここでは「蒸気ボイラ」に統一)。非常によく利用されるボイラのかたちでもあるため、単純に「ボイラ」とされることもあります。

これは、燃料によって得た燃料熱を水に伝えることで、圧力と蒸気を得るものです。

蒸気ボイラは、
  • ガス焚き
  • 油焚き
  • 電気
  • 燃料切り替え
の4つに大別されます。

ガス焚きの場合は省エネ効果が見込めて環境に負荷をかけにくいという特徴があります。油焚きの場合は、低煤塵であるという特徴を持ちます。
電気の場合は排煙がまったく出ることがなく、コンパクトであることが魅力です。
燃料切り替えの場合は、ガスにも油にも対応ができるため、緊急の事態が起きたときにすぐに対応できるというメリットを持っています。

蒸気ボイラは、加熱や乾燥を行うときに使われます。またそれだけでなく、部屋を暖めるための暖房用途でも利用されます。また、殺菌が必要とされる現場でも使われることがあります。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです