GLOSSARY用語集

貫流ボイラ

かんりゅうぼいら

解説:

貫流ボイラ(貫流ボイラ-とも)は、水管ボイラ(水管ボイラーとも。水管の周りをガスで温めることで蒸気を発生させるボイラーのこと)の一種に分類されます。

貫流ボイラは非常に長い水管を持ちます。吸水ポンプを利用してこの長い水管に水を押し込んでいくのですが、この押し込まれた水は、ガスによって少しずつ加熱されます。これによって蒸気が発生するようになっているボイラーです。

ボイラーの効率がよく、起動時間も長くかかりません。かなりコンパクトなものであり、狭いところでも利用できるのが貫流ボイラのメリットです。また、性能検査も自主検査でよく、官公庁に対して行わなければならない手続きも簡単(※小型・簡易ボイラの場合)という裏のメリットも持っています。なかには、ボイラ技士の資格を持っていなくても取り扱うことのできる貫流ボイラもあります。

このようなメリットを持つ貫流ボイラは、比較的「扱いやすい」ボイラだといえるでしょう。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです