GLOSSARY用語集

都市ガス(LNG)

としがす(えるえぬじー)

解説:

都市ガスとは、おもにLNG(液化天然ガス:Liquefied Natural Gas)で作られたエネルギーです。天然ガスは大気圧下で-162℃まで冷却すると気体から液体に変わります。液体の際は気体のときに比べると体積量が600分の1に減少するため、タンカーなどで輸送する際に効率が良いです。

都市ガスはLNGを気体に変化させたのち、都市ガス製造所でLPGを加え所定の熱量に調整し、ガス漏れに気づくよう臭いを付けてから供給されます。

天然ガスの特徴
  • 使用した際に排出される二酸化炭素の量が石炭や石油より少なく、地球温暖化の防止に貢献可能
  • 窒素酸化物の発生量が少ない
  • 硫黄酸化物やばいじんが発生しない

都市ガスは13A、12Aなど7グループ13種類にわかれています。ガス機器を使用する際は、必ず供給される都市ガスの種類にあったものを使いましょう。燃焼効率が悪いと一酸化炭素が発生して中毒を起こすリスクがあるため非常に危険です。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです