GLOSSARY用語集

集中プロパン

しゅうちゅうぷろぱん

解説:

集中プロパンとは、集中方式とも呼ばれプロパンガスのボンベを1ヵ所に集めて管理する方式です。

プロパンガスは家庭や工場ごとに設置されますが、設置する際は「風通しの良い屋外に設置されること」「火気から2m以上離すまたは火気を遮る措置を講じること」など一定の条件があります。

そこで、アパートやマンションなどの集合住宅の場合には、設置基準を満たして安全にボンベが保管できるようにある区画に一括してガスボンベを置いて管理することがあります。

なお集中プロパンの場合、以下の設備が必要です。
  • ブロック塀などで供給設備全体を囲う
  • 目立つ場所に警戒表の掲示(緊急連絡先の明示)
  • 流量検知式切替型漏えい検知装置の設置
  • 消火器の設置

LPGの設備は「供給設備」と「消費設備」に区分されています。 集中プロパンは供給設備であり、消費者や事業所内に集中プロパンを保管する区画があったとしても管理責任はLPGを販売する事業者側にあります。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年12月3日(金)の電話受付はお休みです