GLOSSARY用語集

雇用調整助成金

こようちょうせいじょせいきん

解説:

新型コロナウイルス(COVID-19)は、人命や人のライフスタイルのみならず、経済面でも大きな打撃を私たちに与えました。これによって事業の縮小を余儀なくされた事業者も多くみられます。
そのような事業者を助けるために作られたのが、「雇用調整助成金」です。
雇用調整助成金では、雇用調整を実施する事業者に対して休業手当(の一部)を助成するとしています。

この雇用調整助成金には、
  • 緊急対応期間(2020年4月1日~12月31日)
  • 通常期間
の2通りがあります。

上記の緊急対応期間の雇用調整助成金の場合、労働者に支払う賃金を最大100パーセント補償(15,000円まで)するとしています。また、100パーセントの助成は受けられなくても、最低でも3分の2の補助を受けられるようになっています。またこれは、雇用保険に入っているか否かは問われません。

雇用調整助成金を受けるためには
  • 新型コロナウイルスを原因として、事業が縮小した
  • 前年同月に比べて、売上などが5パーセント以上減少
  • 休業手当を支払っている
の要素を満たす必要があります。
この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです