GLOSSARY用語集

電力の低炭素化

でんりょくのていさんそか

解説:

さまざまな意見はあるものの、現在は多くの人が「地球温暖化」「世界の平均気温の上昇」を恐れています。このような状況を食い止めるために、「エネルギーの低炭素化」が考えられるようになりました。

CO2に代表される温室効果ガスの排出量を抑制し、地球環境をより良きものにしようとするこの取り組みは、現在さまざまな分野で行われています。たとえば、水素エネルギーの研究などです。

そのなかにおいては、「電力の低炭素化」も重要です。電力の低炭素化の考え方の元、(賛否両論ではあるものの)原子力発電に注目が集まったり、熱効率を上げた火力発電所の維持・向上が目指されたりしています。電力の低炭素化によって、電気を利用する・電気を供給するときに地球にかかる負担をできる限り減らそうとしているわけです。

繰り返しになりますが、この取り組みのなかには賛否が分かれるものもあります。しかしそれでも、多くの人が地球環境について考えていることが、「電力の低炭素化」からわかります。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く