GLOSSARY用語集

電気事故

でんきじこ

解説:

「電気事故」とは、文字通り、電気に関係する事故のことをいいます。

電気事故は起こってはいけないものではありますが、ちょっとしたヒューマンエラーなどで容易に起きうるものです。またその種類はさまざまで、被害の状況も電気事故によって大きく変わります。

資格を持っている人間であっても電気事故の被害者となることはあるため、どのような人であっても「絶対に安全」とはいえません。

電気事故は多岐に及びますが、
  • クレーンの送電線に接触した
  • 調理器具の誤って充電部に触れたことにより感電した
  • 変圧器の一時側に接触して感電した
  • 集塵機などのフィルタを変えるときに感電した
などのような事例が報告されています。

電気事故が起きた場合は被害者の即時救命に当たる必要があります。またそれだけではなく、電気事故が起きた場合は速やかに(24時間以内)に事故報告を行わなければなりません。また、詳細については30日以内に報告する必要があります。

加えて、電気事故が起きた場合は、その原因を究明し、対策を講じることが求められます。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

2021年8月10日(火)~8月13日(金)はお電話での受付はお休みです