GLOSSARY用語集

電気室

でんきしつ

解説:

英語では“electrical room”と記される「電気室」は、文字通り、電気設備が入っている空間や部屋を指す言葉です。

基本的には電気室の大きさは、建物の大きさが大きくなればなるほど大きくなり、建物の大きさが小さくなればなるほど小さくなります。また、大きな設備の場合は、主電気室と補助電気室に分けられていることもあります。

電気室はその施設の心臓部ともなり得る場所であるため、管理には注意が必要です。そのため、電気室を置く場合には
  1. 電力会社とのアクセスが容易であること
  2. 機器の搬入が滞りなく行えること
  3. 保守・拡張スペースが十分に確保されていること
  4. 機器の重さに耐えうる床であること
  5. 非常用発電機などの位置に近いこと
  6. 安全性が担保されていること
の6要点をクリアすることが求められます。

特に6は重要で、電気室においては高い防火性や不審者の侵入を防ぐための対策が求められます。

電気室に納められるものに関してはさまざまですが、配電盤や分電盤、遮断機や変圧器、母線などが入れられていることが多いといえます。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです