GLOSSARY用語集

高圧ガス保安法

こうあつがすほあんほう

解説:

高圧ガスは、便利で有用なものではありますが、同時に非常に危険なものです。そのため高圧ガスを扱う者は、高圧ガス保安法による制限を受けます。高圧ガス保安法とは、高圧ガスを取り扱う者に対して課せられる安全のための法律です。

高圧ガス保安法は、
  • 高圧ガスの危険性が、公共の安全を侵さないこと
  • 高圧ガス災害を起こさないようにするために、高圧ガスの製造や販売などについて規制すること
  • 民間事業所及び高圧ガス保安協会によって、自主的に保安を行うように勧めること を目的としています。

高圧ガス保安法では、「高圧ガスとは何か」「高圧ガスの製造について」「高圧ガスの販売について」など、これ以外にも複数の項目が定められています。たとえば「高圧ガスの販売について」では、高圧ガスの販売事業者は新規の届け出(あるいは販売ガス変更の届出)などを行わなければならず、かつ販売方法の基準や販売主任者の選定が行われて初めて、承継届が認められる……などのようにしています。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く