GLOSSARY用語集

高圧受電

こうあつじゅでん

解説:

高圧受電とは、50kW以上の多くの電気を必要とする事業所などが変圧器を通さずに電気の供給を受けることです。

一般家庭等では、変圧設備(トランス)を経由した低圧受電契約が行われています。一方、高圧受電契約の場合は、発電直後の数千~2万ボルトの超高電圧を6,600Vの高電圧にして敷地内に引き込みます。変圧が不要なため、電気料金は低圧受電より高圧受電のほうが割安です。

なお高電圧のままでは電気が使えません。そこで各施設では変圧設備(キュービクル)を設置して電圧を100Vまたは200Vに調整して電気を使っています。

キュービクルの種類
  • 閉鎖型:最近の主流。屋上や駐車場などに独立して設置
  • 開放型:建物内部に電気室などを設けて設置

電気事業法により、キュービクルを設置・運用する場合は、国への届け出が必要です。また、保安規程を定めるほか電気主任技術者を雇用し、保安に努める義務があります。電気主任技術者が選任・雇用できない場合には、外部委託承認制度を利用することも可能です。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

2021年8月10日(火)~8月13日(金)はお電話での受付はお休みです