GLOSSARY用語集

LGS

えるじーえす

解説:

「LGS」という言葉は、あまり聞きなじみのないものかもしれません。ただこれは、英語にしてみるとどのようなものか把握しやすくなります。

LGSとは、“light gage steel(ライトゲージスティール)”あるいは“light gage stud(ライトゲージスタッド)”の略称です。日本語に直訳すると、「軽い(light)規格の(gage)鉄骨(steel)」となります。

熱さ1.6ミリ~4.0ミリ程度の計量形鋼に分類されるもので、さまざまな形(山のようになっているものなど)をとります。

このLGSは、建築現場において非常によく利用されています。

たとえば、壁や天井などに使われています。特に壁に使われることが多く、テナント工事などでよく用いられます。

なお、LGSに関連する言葉として、「軽天工事」という単語があります。これは、「軽量の規格の鉄骨(LGS)を、天井まで立てて行う工事」のことを指す言葉です。

なお昔は建物を建てる素材としてよく「木材」が選ばれていましたが、現在は管理のしやすさなどを考えて、このLGSがよく使われるようになりました。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く