GLOSSARY用語集

RC造

あーるしーぞう

解説:

「RC造」は、“Reinforced Concrete”の略称です。これは日本語に直すと、「鉄筋コンクリート造」となります。

針や床、壁などを、コンクリートと鉄筋によって構成します。そしてその枠にコンクリートを流し固めた建築構造です。

このRC造は、非常に強度が出る造り方であるため、マンションやビルなどに積極的に使われます。また、鉄筋は引っ張る力には強いものの熱に弱いという性質を持ち、コンクリートは逆の特徴を持ちます。

このため、この2つを一緒に使うことでそれぞれの欠点を補いあると考えて提案されるようになったかたちでもあります。デザインの自由度が高いのもRC造の魅力だといえるでしょう。

ただRC造の場合、非常に「重い」建築物になります。このため、地盤によっては事前に地盤補強を行う必要が出てきます。

この「地盤補強に伴う費用の追加」は、RC造のマイナス点といえるでしょう。また、RC造は比較的工期が長くかかる可能性があるのもデメリットだといえます。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9:00~12:00、13:00~18:00

※土日祝を除く