GLOSSARY用語集

VPP

ぶいぴーぴー

解説:

VPP(仮想発電所:Virtual Power Plant)とは、小規模な発電所制御や電力の需要抑制システムを一つに束ねて全体を大きな発電所とみなすことです。IT技術を活用することで、個々の電力リソースをまとめて制御することが可能です。

VPPは、東日本大震災時に電力の受給に大きな影響があったことから導入が加速しました。電気は需要に合わせ都度供給するのが基本であり、需要が多い場合は供給を増やしたり省エネをしたりして対応しています。ここに太陽光発電や家庭用燃料電池など、電気を必要とする側にも小規模なエネルギーリソースの普及が進んでいます。

VPPでは、各設備の保有者や第三者が以下のエネルギーリソースを制御して発電や送電を制御します。
  • 需要家側エネルギーリソース
  • 電力系統に直接接続されている発電設備、蓄電設備

なお、VPPでは発電した電力が消費電力よりも多かった場合、余った電力を電力会社線側に戻す「逆潮流」も考慮しています。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

2021年8月10日(火)~8月13日(金)はお電話での受付はお休みです