GLOSSARY用語集

あかるさセンサー制御

あかるさせんさーせいぎょ

解説:

「あかるさセンサー制御」という単語があるわけではありませんが、これは多くの場合、「外から入ってくる照明の強さによって、照明の強さをコントロールするセンサーと、それを使った制御」だと考えてもらうと分かりやすいでしょう。「明るさセンサ」と記すこともあります。

たとえば、コンビニエンスストアなどで、「店内を一定の明るさに保ちたい」と思ったとします。しかし、自然光がさんさんと降り注ぐ昼間と、自然光がほぼまったくない夜間では、「同じ明るさ」を保つために必要な電力が変わってきます。

あかるさセンサーを利用することで、昼間は照度を絞り、夜間は照度を上げて、「一定の明るさ」を保つことができるようになるのです。また、このあかるさセンサーによる制御を、「あかるさセンサーによる制御」とすることもあります。

この方法もまた、人感センサーでの制御と同じく、消費電力を減らすことに繋がります。そのときの明るさに応じて照明の強さをコントロールできるからです。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです