GLOSSARY用語集

代行申請

だいこうしんせい

解説:

代行申請とは、補助金などの申請を実施事業者に変わって行うことです。

ある補助金を申請するためには、募集要項を読み込んで事業内容や使用経費をまとめ、添付資料を用意するなど多くの手間を必要とします。

自社で申請書類を準備すれば、自社の実態を踏まえたより具体的な言葉で応募申請書がまとめられるため、実情を適格に表現し熱量をもった申請が可能です。

しかし、交付金額が大きい補助金を受けたい、補助金申請自体に不慣れである、情報が整っていない、といった場合には、申請の準備の時点で数週間を要する可能性もあります。

そのような場合には、第三者に代行申請を依頼することで、自社の本来業務に対する負荷を軽減させる効果が期待できます。 補助金や助成金は、行政書士や申請代行事業者などへの委託が可能です。

代行申請の流れは、まず着手金と契約書をもとに申請代行事業者が申請代行を行います。無事に採択された場合、交付された補助金額から一部を成功報酬として申請代行事業者に納める形式が一般的です。

代行申請を依頼する事業者を選ぶ際には、対応できる補助金の範囲、価格、報酬の発生タイミング、過去の採択率、申請実績、評判など複数の視点から見定めることが大切です。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

2021年8月10日(火)~8月13日(金)はお電話での受付はお休みです