GLOSSARY用語集

全量買取

ぜんりょうかいとり

解説:

一般家庭での太陽光発電の場合、「使用した電力から太陽光発電で得られた電力を引いて、それでも余った電力があればそれを買い取る」というやり方をとります。これが「余剰電力(の買い取り制度)」です。

それに対して、ソーラーパネルの総出力量が10kW以上になる場合、発電した電力をすべて買い取ってもらうことができます。これが、「全量買取」というものです。

太陽光発電の場合、売電価格が買電価格よりも高くなるため、全量買取の方が効率よく利益を得ることができます。そのため、産業用の太陽光発電でおいては、一般家庭のものよりも利益が上がりやすいという現状があります。

もっとも、前述したように、全量買取となるのは10kW以上の総出力がなければなりません。このため初期導入費用は一般家庭のそれに比べてはるかに高額になりますし、スペースも必要となります。このため、初期導入費用と全量買取を比較して考えて、どちらがより良いかを考えていかなければなりません。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです