GLOSSARY用語集

除草

じょそう

解説:

太陽光発電の設備は、管理状態によって生み出せる電力が違ってきます。一般過程につける太陽光発電装置の場合は屋根につけることになりますし、台風などの被害がない限りはそれほど心配はいらないでしょう。

しかし産業用の太陽光発電装置の場合、いわゆる「野立て」の状態で設置されることもよくあります。野立ての太陽光発電装置の場合は、「草対策」が必須となります。

野立ての太陽光発電装置が十分な活躍を示す環境とは、つまりは草にとっても繁栄しやすい環境でもあります。

草が太陽光発電設備に覆いかぶさってしまうと、当然発電効率は落ちてしまいます。また太陽光発電装置の故障にもつながります。このため、野立ての太陽光発電装置においては、除草が非常に重要な意味を持ちます。

除草のなかでもっともお金がかからない方法は。「自分たちで草むしり(草刈り)を行う」というものでしょう。草刈り機を使うと効率アップが見込めます。また除草剤を使うのも有効です。防草シートやコンクリート、砂利施工は非常に高価的ですが、初期費用が高くつくのがデメリットです。

なお、架台を高くして除草の頻度を下げる方法もあります。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです