GLOSSARY用語集

ZCT

ぜっとしーてぃー

解説:

ZCTは、“Zero-phase Current Transformer”の略称です。日本語でいった場合は、「零相変流器」となります。

この零相変流器は、GRなどと同じく(GRの解説についてはこちらをご覧ください)、地絡電流を検出するために使われるものです。なお、「地絡電流」とは、「漏電」を指す言葉です。

一般的なCT(変流器)は、1相分の電線を扱うことになります。しかしZCT(零相変流器)の場合は、3相の電線をひとまとめにして通すという特徴があります。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです