GLOSSARY用語集

ZEB

ぜぶ

解説:

ZEBは「ゼブ」と呼ばれます。正式名使用は“Net Zero Energy Building”で「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル」の略称です。ZEHに比べると知名度は低いかもしれませんが、「(一次)エネルギーの消費量と生成量を考えたとき、その収支がゼロになる建物であること」を意味する言葉です。

環境省などが唱えている概念であり、省エネによる地球環境への配慮を考えるための概念でもあります。

建物の中には人がいて、その人たちが動いたり建物を動かしたりするためには、多くのエネルギーが必要です。そのため、普通に運用しているだけでは、エネルギー消費量がエネルギーの生成量を上回ってしまいます。

しかしここで、
  • 消費するエネルギーを減らすこと
  • 太陽光発電装置なので、エネルギーを「作り出す」こと
を心掛ければ、エネルギー消費量の差し引きがゼロにできる可能性もあります。

ZEBは、中に住む人の快適さを守りつつも、省エネと創エネの2本柱によって使用するエネルギー―作り出すエネルギー=0になることを目指した建物を指すのです。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです