太陽光発電について

太陽光発電システムの概要

OVERVIEW

太陽光発電システムの一般的なシステムは以下のとおりです。太陽電池アレイ(パネル)で発電された直流電力が接続箱でまとめられ、交流電力に変換するパワーコンディショナー、昇圧するキュービクルを経て、電力の系統に電気を供給(逆潮流)されます。パネルの発電効率に注目されがちですが、パワーコンディショナーの直流から交流への変換効率などもシステム設計上重要なポイントになります。また、屋根の上に設置されるのか、野立てと言われる何もない土地の上に設置されるのかにより、太陽電池アレイを置く架台も様々な設置方法があります。

太陽光発電システムの概要

固定価格買取制度とは

「再生可能エネルギーの固定買取制度」とは太陽光を始めとした再生可能エネルギーで発電された電気をその地域の電力会社(東京電力等)が一定価格(調達価格)で買い取ることを国が定めた制度です。調達価格やその期間はシステム導入費の市場価格などを考慮して、毎年度国が取り決めます。調達価格が一定期間固定されることにより、安定した収入を見込んだ太陽光発電システム等の設備投資を促すのが目的です。電力会社により買い上げられた電気は優先的に使用されるのと同時に、電気代に反映されて家庭や企業の電気代から徴収されます。

一度適用された価格は、買取期間中ずっと適用されます

APPLY

固定価格買取制度では、最初に適用された価格(固定価格)のまま、一定期間、再エネ電力を販売することができます。発電事業に必要となる費用の大半は発電所の建築コストが占めますが、当初にかかる多額の建築コストを、長期にわたって安定的に回収できるよう保証することで、思い切った再エネ発電投資を広げることを狙いとしているためです。

買い取られた再生可能エネルギーは優先的に使われます

PRIORITY

本制度では、電力会社に対し需要が少なく電力供給を絞りこまなければいけない日でも、自らの火力発電所などをまず先に止めて、再生可能エネルギーを優先的に使うよう義務づけています。

通常の需要日
需要の低い日

※出典:経済産業省 資源エネルギー庁 再生可能エネルギー固定価格買取制度ガイドブック

CASESTUDY導入事例

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

9時~18時(土日祝を除く)