なぜ遮断の基準となる揺れの大きさが震度5強相当なのですか?

震度5強相当の基準は固定されていないものが倒れてしまう揺れの大きさです。この揺れにより様々な物が散乱した状態で、 転倒・損傷した電気製品が可燃物と接触することで火災の原因となります。上記により、震度5強相当の揺れで感震ブレーカーが遮断することが国のガイドラインで定められています。